勉強方法の基礎

下根中2年  国語28点アップ 数学24点アップ

  こちらの生徒入塾からだと   数学→50点アップ 英語→24点アップ   国語は2年生から受講しているので28点アップしか記録がありません。   入塾時 すごく大人しいというのが第一印象です。 最初の面談では ・小学生くらいから机には向かっているが、ちゃんと学習できているか不安 ・お姉さんの点数が高く、成績に大きな差がある ということを伺いました。 上記の2つから正しい勉強方法で、学習すれば成績が伸びる可能性が高いと思い塾の力の見せ所だと気合が入りました。   指導方針 ①勇気を持って中学1年生の最初から復習する。 ②復習の際は理解度を60%でOKと割り切る! ③国語を勉強する習慣を作る   具体的な指導 ①「勇気を持って中学1年生の最初から復習する」について 入塾のタイミングが中学1年の11月ごろでした。すでにテストを2回実施ずみで、点数から考えるとかなり根深いつまづきがあることがわかりました。教材を優しくしたとしても、それ以前の内容に大きな抜けがあるので、学校の予習は難しい。ここは勇気を持って中1の最初から学習し直すことに決めました。   ただ、問題は時間です。 中学1年生の初めから復習している最中も、学校側は授業が進みます。そのため、通常のカリキュラムと通常の週1回の授業ではいつまでも学校に追いつくことはできません。   これでは抜けは埋まりますが、いつまでも試験対策をすることができずテストの点数を上げることができません。成績向上という成功体験なしで学習を続けるのは精神的に辛いのでそれは避ける必要があります。   そのため、カリキュラムと時間割を以下のように工夫いたしました。   ・単元テスト→不合格の単元を学習(通常は学習→単元テスト)  カリキュラムを進めるのに、問題がない程度に理解している単元は復習しない。あくまでも次の単元ができないほどわからないレベルの穴を埋めることを復習の目的にしました。   ・英語・数学ともに週2回の授業を行うことにしました。スケジュールは  月曜日... Read More | Share it now!

高崎中2年 数学37点アップ

https://gyazo.com/4817b19e0235dfb839e566248b80336b 訂正です💦 間違っていました。入塾から37点アップです。27点アップは前回からです。  さて入塾してから半年徐々に点数を上げて、6月の定期テストで点数が爆発しました! 本当に根気よく頑張ったと思います。ではその頑張りをまとめたいと思います。 試験範囲 文字と式・連立方程式の加減法 指導方針 ①「勉強」とは何かを実感してもらうこと ②焦らず、求めず、続けることを意識 この2点が大きな方針でした。理由は入塾の面談の際、保護者の方からは「勉強はしているんですけど点数が取れないんです」と相談を受けたからです。 この相談をされた際、私が思うことは2点です。 ・勉強が作業になっているのではないか ・勉強が嫌になっている ・勉強が作業になっているのではないかの解決案が、①「勉強」とは何かを実感してもらうことです。 まず勉強が作業になっている生徒がかなり多いです。というか勉強時間が確保されていて、点数が取れなくて悩んでいる生徒の大半がこのパターン。 勉強の、特に数学の大まかな流れは、 問題を解く→丸つけをする→✖️になったところの原因を分析する→正解するまで改善し続ける。 になりますが、勉強が作業になっている生徒は 問題を解く→丸つけをする→✖️になっている問題の横に答えを赤で写す という流れです。これではただ、問題集に文字を書き込んでいるに過ぎません。 作業になっている生徒の勉強の流れのどこにも改善がないのがお分かりでしょうか? これでは絶対に点数は上がりません。絶対にです。 さて、この生徒も予想通り勉強が作業化しておりました。 まさに上記の流れ通りの学習をしていたのです。 そのため、塾の授業は問題集を進めることではなく、「丸つけの後に原因分析をする時間」と位置付けました。その際問題は、小学生の計算から行いました。自分の力で分析させるためには、本人が「できると思えるレベル」である必要があるからです。正直これはこの生徒のやる気を削ぐのではないかと私も怖かったです。 どんなに時間がかかっても間違えた原因を自分で考えよう。1時間に1問でも大丈夫! これを続けることによって、 勉強とは頭を使うこと、決して問題集を先に進めることではないということなんだ と実感をさせ続けました。 勉強が嫌になっているというのは、よく言われる学習性無力感です。 https://www.katsuiku-academy.org/media/learnedhelplessness/ 確かに長い時間机に座ることができる生徒で、生徒の主観ではたくさん勉強をしたのだと思います。 でも思ったより点数が取れない。きっとこれを繰り返してきて苦しい思いをしてきたのだと思います。勉強を嫌いになって当然です。この生徒も同じような状況にあるのではないかと考えました。 そのため、普段は生徒は点数をあげたいと思っている前提で接しますが、こちらの生徒に関してはその前提を捨てました。勉強なんかしても意味がないと思っていることを想定して接しました。(本人がどう思っているかは別です。) とにかくどんない小さくても成長をして、ちゃんと勉強すればできるようになるという経験を積む。全てを指示通りに学習することを求めず、失敗や宿題をやらなかったことには目を瞑り、目の前の問題をできるようになったという印象が残るように指導にあたりました。 勉強が嫌いという想定なので、どんなに進むペースがゆっくりでも焦らず、塾に継続して来ることに気を使い続けました。 現在 見違えるようになったのは、「わからない」と意思表示や質問に来るようになったことです。これは目の前の疑問を解消をしたいという意欲の現れ、つまり勉強の作業化から抜け出せたということです。とても大きな一歩だと思います。毎回の授業で少しづつ自分の疑問点をなくしていく姿には入塾当時の面影は感じません。 結果、入塾から37点アップという結果を残すことができました!本当によく成長したのだと思います。 ただこの点数アップで私が初心を忘れてしまい、こちらの生徒に勉強についてより多くのもの求めてしまいました。しっかりと点数が上がってくれたので私も欲が出たのだと思います。 お母様から少し大変そうと連絡をいただき、すぐに反省し本人とお話をさせていただきました。 話した内容は以下の通りです。 ・今大変なのは、しっかりとした勉強方法が身についたこと ・量が大変なら、減らしてもいいから方法だけは守ってほしい。 ・勉強だけが中学生生活ではない!やりたいことを邪魔しない範囲で頑張ろう! という3点を話しました。 正直、今後は宿題を1ページもやってこない日が出てくると思いました。 ただ、意外にもこの話をしてから宿題で学習してくるページの量は変わりませんでした。 本当に内面的にも成長を感じる生徒です。 以上がこちらの生徒への指導内容です。 PASSFINDは以上のような個別指導をおこなっております。 ただ、やはり最終目標は点数アップです。それはどんな生徒であろうともです。 そのために最善を尽くし続けます。 ぜひ点数を上げたい! しっかりと勉強したいという方は定員がありますのでお早めのご連絡よろしくお願いします!。 ... Read More | Share it now!